緊急告知 ! 放射能測定の個人受けを始めます。

    

        通常当社では、企業・団体に対しての営業及び事業活動しか行っておりません。
        ところが、最近皆様の関心が高く 下記のようなお問合せをたくさんいただきました。

    

◎ 子供が遊ぶ砂場の砂の放射能って測定できませんか?
◎ 子供たちの遊んでいるグラウンドの土の放射能が知りたい。
◎ 家庭菜園をしているのだけど、この土の放射能を調べることはできませんか?
◎ うちは庭に犬を放し飼いにしているのだけど放射能測ってくれませんか?

    

        このような声にお応えすべく、土壌・土などの形状のサンプルに限って
        個人様からのご依頼を受けることにいたしました。

    

測定方法は、
『水田土壌中の放射性セシウムの米への移行の指標(原子力災害対策本部)
水田の土壌から玄米への放射性セシウムの移行の指標 0.1
指標を前提として、玄米中の放射性セシウム濃度が食品衛生法上の暫定規制値(500Bq/kg)以下となる土壌中放射性セシウム濃度の上限値 5,000Bq/kg 』
を基本として考え、この方法にのっとった
ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメトリーによる核種分析法
により、放射性ヨウ素(I-131) 放射性セシウム(Se-134,Se-137)の測定を行います。

    
測定ご依頼の流れ

  <<測定のお申込み>>
下記のお問合せホームより、住所、氏名、ご依頼サンプルの内容、検体数を記入し送信
もしくは、FAX送信表をプリントアウトしてご利用ください。
 <<測定キットの送付>>
  当社から送付します。
  測定サンプルの申込書
  サンプル採取キット
  採取マニュアル
 <<サンプル送付>>
 記入済み申込書
 サンプル
 指定の封筒で返送
 *分析料金振り込み
 <<サンプル測定>>
  放射能分析
  を行います。
 <<測定結果送付>>
 測定結果報告書を
 サンプル受付けから
 10〜14日でご返送します。
 *分析料金着払い
 

        分析料金は、1検体 税込 特別価格で


24,800円

 

        お申し込みは、下記から

プリントアウトしてご利用ください。

ページトップへ戻る